カテゴリ:JAPAN-狂撃-SPECIAL( 35 )

 

9/3 狂撃@京都

2010.09.03
『片山祭』初日
JAPAN-狂撃-SPECIAL/the NEATBEATS/片山ブレイカーズ&ザ★ロケンローパーティ
@京都磔磔

トップバッターは、片山ブレイカーズ。

片「ゆくゆくは、5月の3・4・5(騒祭の開催日)にやれるように、まずはここから始めようと思います」

片「バックドロップを作りました」
サイズを間違えて、騒音寺のより1mデカイらしく、後ろに貼れないので横のパイレーツの看板の上に貼ってるそう。
片「遠くから、パイレーツの看板観に来た人がいたら申し訳ないのでどけます。そういう人いる?」
いないので、
片「じゃあ、三日間このままにします!」

片「平日の今日に来たお前らは、選挙で言う野党支持や。
俺も学生時代は、音楽に関してはマイノリティやった。
今日来てくれた人達の為に、雨雫の唄をやります」

『雨雫の唄』

『キョート・トリッパー』

『ミラーボール』

などをやってました。
ギターソロ中に、片山さんが東さんのチョンマゲを掴んだのがおもしろかった。
久しぶりに観たけど、カッコ良かったなぁ。


二番手は、狂撃。
メンバー3人がステージに立った状態で、SE。
鳴り止んで、JUNZφさん登場。

J→ハチマキ、シルバーのチェーンネックレス、極なめ一家の刺繍が入った白の七分上下、左袖に腕章、白のスニーカー。

ラ→安全ピンのついた黒のライダース、左袖に腕章、鋲のリスバン、鋲のベルト、膝の破れたジーパン、黒の革靴。

よ→ハチマキ、耳の上に花火を2本さす、紐に爆竹を繋いだネックレス、つながった眉毛、革ジャン(肩が破れてました)、白のベルト、黒のズボン、黒のビーサン。

か→白の帽子(日本陸軍みたいな形で、白地に紺のラインと錨マークの付いたマリン帽)、髪が短くなってる、アーノルドパーマーの白のタートルネック、白のズボン、紫の靴下。

非→黒の帽子、ラインが入った紺の長袖、紺のズボン、赤地に黒い水玉のてんとう虫みたいな靴下←かわいい。

『オオカミ』

『パンキー パンキー パンキー』
よーかいさんが前に出てきてJUNZφさんのモニターに乗るが、ゴロッとモニターが落ちてしまい、よーかいさんも一瞬バランスを崩す。

『No民』

よ「中卒である!アホである!
社会人になっても、自分の信じた道を行ったらいい」

J「2ヶ月前に、フラれました」
よ「今日女の子ばっかりやぞ」
J「チャンス!」
よ「モテようぜ!」
J「チャ~ンス!もともとモテてるけどな。
(よーかいさんに)眉毛ができたし、モテるんちゃう?」
よ「シブイやろ~」
つながった眉毛を動かす(笑)。

J「OH!MY LADYパート1、パート2、グッバイ・チェリーの三部作、聴いて下さい」
『OH!MY LADY』

『愛・愛・愛 OH!MY レディ part2』

『グッバイ・チェリー』

よ「JAPAN-狂撃-SPECIALのクレイジーな部分、わかってくれた?」

J「かっ飛ばしまっせ。カキーンいきまっせ」
カットバセ!のコールから
『カミカゼロード』

『なめんな音頭』
途中で、
J「この後は、ニート先輩のロックンロールや」
よ「俺らのアホさにビビッてないで、楽しもうや」
ペコペコするのが大嫌いのコール&レスポンスで曲再開。

J「(お客さん達に)アホみたいな顔して」
よ「俺らだけがアホとちゃうで」
J「お前らもアホな顔してるで」
よ「どうせなら、アホのチャンピオンになろうや」
『CRAZY HERO』

J「JAPAN-狂撃-SPECIALは今何をやってるんやと巷で噂みたいですが、いろいろやってるけど俺らきかんぼうやから進まへん」
よ「言われた事をやらんでいい。好きなようにやったらいいんじゃ!」

J「レコード…、レコードって(笑)。
CD出します。いい曲ができてます」
客「出せるんか」
J「絶対出すからな!」
外国人客「いつ?」
J「えっ?えっと…、12月ぐらい。
電話して聞いて。問い合わせて」

J「新曲を用意してきました。バラードです。
ハンカチを用意して下さい」
よ「俺のハンカチないかな?」
足元を探した後、ハチマキの垂れてる部分で目を拭く。

『スカイライン』

で終了。
スカイラインは初めて聴いたんですが、良かった。
好きやなぁ。
楽しかった!


トリは、ニートビーツ。
数曲演奏した後、
G「バラードを3曲続けてお送りしました。スカイラインでしたー」
P「あれ、バラードちゃうやろ。よく言われるって言ってたけど。
ドラムめっちゃ速いやん」

G「(足元に)爆竹落ちすぎやし!」

P「よーかいは、俺の事ミスターゆうねん。
みんなミスターや!
さっきの眉毛は俺が描いてんけど、ミスター、これ書いて下さいよ~って」

P「セコムしてますか?」

P「片山とも狂撃とも仲良くさしてもらってるけど、バンドじゃないよね。
楽屋は学校みたい。
片山君はエリートで優等生で、アホが後ろの方に溜まってる。
よーかいが楽屋で何か作ってるから、楽器の修理か何かやってるんかなと思ったら、頭に付けてた花火作ってんねん。
さっき戻ってきて、ライヴ中火をつけんかったから、楽屋でつけてた。
意外と大丈夫~って」

P「かー君、髪型変わってて、ムショ帰りみたいになってる」

P「♪お腹がペコペコ大嫌い!」
L or G「ペコペコ違いや」

P「ツイッターの“なう”っていうのが嫌やねん。絶対使わへん。(←私も)
俺、オチがないと書かれへんから。
風呂入るなう。寝るなう。
どうでもいい!寝たらええやん!って」

P「じゃあ俺、寝てるなう」
L「器用やな!」

P「なうって使ったら、あっち側の人間になるで。
それやったら、初代仮面ライダーの藤岡弘みたいに、とうっ!って書こうと思って。
寝るとうっ!」

P「(MCで)傷付くのは、後ろの人だけめっちゃウケてる時。
玄人にだけわかる、みたいな」
L or G「笑いに来てる」
P「(今日来てるお客さんに)笑うんやったら声出して笑って。
(手を叩きながら)バーンード。バーンード。
今から一切しゃべりません。
バースデイみたいにやります」
フロント3人が客席に背を向け、アンプの方を見ながら音出しを始める。

P「受動態になってるよ。edや。
ingにせな。現在進行形。
もうすぐ、have beenになる。全て終わってしまった」

M「シャングリラでのすべらない話で、僕とコーヘー君、騒音寺のコーヘー君と前説をやります」
P「スベルズっていう名前で」
L or G「絶対すべるやん」
M「みなさん10分ぐらい遅れてきて下さい」

P「何が食べたい?」
(反応なし)
外国人客「○△□×」
P「(それが何かわからないので)リンゴトー、ハチミツガー、ワレテー、バーン」
ジェスチャー付きだったので、バーモントのCMがリアルに浮かんで来て笑った。
外国人客「○△□×」
P「パイフロッター?ムズカシイ。リンゴトー、ハチミツガー、ワレテー、ハンバーグ」
L or G「ハンバーグにはならんやろ。カレーや」

Mr.PANが弾き始めた直後、
P「モヤモヤ~。今モヤッとボール投げた。
音がこもってた」
気を取り直して、再開。

本編が終わって退場時、アンコールを求める手拍子に
P「一旦はけさせて。カッコつけさせて」

アンコールでは、Mr.PANがよーかいさんのハチマキ・革ジャン・爆竹のネックレスを身に付けて登場。
そして、ヤンキー座り。
G「似合いすぎや」

コールアンドレスポンスで、
P「片山ブレイカーズ&ザ」
客「ロケンローパーティ」
P「違う!★ロケンローパーティや。
さっきまでの時間は何やったん」
↑星について、本編のMCでツッコんでいたので。

退場時、Mr.PANはバイクに跨るジェスチャーをして、バイクに乗ったまま退場して行きました。

ニートビーツのMCは毎回すべり知らずで、笑いすぎて口が痛くなって疲れた。

最初から最後まで、楽しいイベントでした。
[PR]

  by space-junk | 2010-09-07 00:03 | JAPAN-狂撃-SPECIAL

片山祭初日

この狂撃T、好きだなー。
今日は着てないけど。

片山祭初日の出順は、片山→狂撃→ニートビーツの模様。
楽しみ。
a0067990_17102264.jpg
[PR]

  by space-junk | 2010-09-03 17:10 | JAPAN-狂撃-SPECIAL

7/11 狂撃@大阪

2010.07.11
JAPAN-狂撃-SPECIAL/Scars Borough@心斎橋club DROP

2バンド目が始まる前に到着、間に合った!

狂撃は3番目。
普段、狂撃のライヴで見かけるファンの方々がほぼ見当たらず、完全にドアウェー状態。
みんな何処へ~。
JUNZφさん以外のメンバーがステージに立った状態で、幕が開く。
2ヶ月ぶりに観るので、緊張します。
男前すぎて目が潰れたらどうしよう。

J→ハチマキ、シルバーのチェーンネックレス、胸元に極なめ一家の刺繍が入った白の七分の上下、腕章、左手に鋲のいっぱいついたリストバンド、白地に白の3本ラインのスニーカー(アディダス)。
今日は、ピアスしてなかったです。

ラ→片側刈り上げ、安全ピンがついた黒のライダース、左腕に腕章、ジーパン、紫のラバソ。

よ→ハチマキ、鋲がついた革ジャン、黒のズボン、黒のビーサン。

か→赤の上下。
髪が伸びてて、前髪が目にかかるぐらいまできてました。

『CRAZY HERO』からスタート。

『No.1』

J「大阪、久しぶりやんけ。
大阪でやるのは6ヶ月ぶりぐらいやけど、俺らの事忘れたんちゃうやろうな。
前は、2000人ぐらいおったで」

『No民』

J「かー君、今日しんどいねん。途中で寝たら、運んだってな」
みんな細身やし、運べそう

J「アルバム」
ラ「ミニアルバムな」
J「ミニアルバムを来年出そうと思ってます」(←年内リリースではないんかな)
よ「そうなん?」
J「来年はがんばるから、よろしくお願いします。
新曲、オオカミになれ!」
『オオカミ』

J「JAPAN-狂撃-SPECIALの、一番恥ずかしい部分や」
『グッバイ・チェリー』

よ「好きな事やったらいい。
言いたい事言ったらいい。
俺ら、アホの天才になろう思ってます。
・・・みんな困ったやろ。俺も困った」

『なめんな音頭』
最初の、「ペコペコするのが大嫌い!」のコール・アンド・レスポンスで、言ってる人が少ないので、
J「かー君しんどいから、早く帰らせたってな。個人にいくで」
初見であろう人に、マイクを向けていってました。

J「パンク、ロック、フォーク、演歌。全部好きなんじゃ!」
『命花~MIKOTO BANA~』

J「来年はホンマがんばるで。
大阪でいっぱいライヴやります。東京にも行きます。
大阪の人ばっかで行こうや」

『朝日』

で、終了。
ライヴ中は、時々よーかいさんがラン坊さんの所に来て、並んで弾いたりしてました。

今回は私、完全にソロ活動で行ったし、ドアウェーで心が折れそうでしたが、手は挙げる方向で。
途中から手がチラホラあがってきて、少しホッ。
次の関西のスケジュールが全然出てないし、次観れるんは、9月の京都かなぁ。

トリは、Scars Borough。
ドラムの高橋さん(エルレ)がシンペイさんの代わりにプレデタに入って、このバンドの名前を知ったので、どんな曲かも知らない状態。
今回、狂撃の対バンで初めて観ます。
女の子Vo.なんやね。そして、マネージャーが外国人。カメラマン有。
ドラムは、けっこう硬めの音でした。
バンド名だけ見るとV系っぽいと思ったんやけど、想像していた感じと違って、曲は意外とポップな感じもありつつ。

終演後、スカーズボロのメンバーが物販に出てきてたのでビックリ。
エルレのメンバーでも、出てくるんやね。

ラン坊さんは、バーカウンターで缶ビール(モルツ)を飲んではりました。
私はチキンゆえに話し掛けないまま帰ったんですが、かー君大丈夫なんかな。
[PR]

  by space-junk | 2010-07-13 23:31 | JAPAN-狂撃-SPECIAL

5/5 騒祭@磔磔

2010.05.05
JAPAN-狂撃-SPECIAL/the NEATBEATS/騒音寺
@京都磔磔

騒祭(がやさい)最終日のトップバッターは、ニートビーツ。
やっぱ演奏上手いし、楽しいよなぁ。
聴いた事ない曲もやってました。

ナベさんが声が出なくなってすごく落ち込んでたという話や、一緒に回るはずだった東北ツアーが急にワンマンになった事など。

東名阪で追突された時に、本来なら玉突きになる所を、Mr.PANが日本道路公団の人のように交通整理したから1台だけで済んだそう。
日本道路公団入れるって言ってました。
G「JHって言うねんで」
最終的には、ぶつかってきたカップルと団欒してたらしい。
Mr.PANとMr.MONDOは、今日から首痛くなるそうです。

狂撃の事を、P「なめ猫やん!昔、免許証持ってたわ」

P「楠部真也というドラマーがいた時、チーズバーガーをチーズ抜きで注文して、チーズ入っててキレてたな」
L or G「普通のハンバーガーでええやん(笑)」
P「こだわりがあるみたい」

P「何食べたい?」と聞くだけ聞いて、その曲をやらないという新しい戦法でした。

この日は最前に柵が設置されてたんですが、柵ギリギリまでMr.PANが出て来て、ギターを客席に突き出しながら弾いてたんやけど、その先にちょうど私がいたのでガン見してみました。

Mr.PANは、騒祭を“そうさい”と読むと思ってて、今日“がやさい”と知ったそう。

P「祭りじゃ、祭りじゃ!」
の掛け合いで、帰っていきました(笑)。かわいい。

MCは毎回滑り知らずなので、笑いすぎて口の筋肉が痛かったです。
口が疲れた。

2番手は、狂撃。
セッティングに出てきた非威巣さんの、細身のシルエットが素敵です。
みんな細いよね。

以前、京都club WORLDの時に最前を譲ってくれた韓国の騒音寺ファンの方がいて、なんとこの日も前を譲ってくれました。
ホンマありがとうございます!
男前が近すぎて、恥ずかしい~。

メンバー3人がステージに立った状態で、SE。J登場。

J→ハチマキ、シルバーのチェーンネックレス、日の丸漢字ジャケット、茶色ベルト、黒のシドベルト、黒革の鋲付きリストバンド、ジャージ衣装の黒×赤ズボン、黒のブーツ。
ピアスが、ドクロじゃなくなってました。

ラ→赤の片側モヒカン、安全ピンとバッジがついた黒のライダース、右袖に腕章、グレーのパンツ、赤の靴下、紫のラバソ。

よ→ハチマキ、背中にロゴの入った革ジャン、腕章、黒のズボン、黒のビーサン。

か→マスク、水色のシースルーカーディガン、黄色のタートルネック、右袖に腕章、白のズボン、赤の靴下、白の靴。
マスクが、/じゃなく×になってました。

J「JKSと呼ばれている、世間一般では、JAPAN-狂撃-SPECIALです。
ここに集まってるみなさんが、1番になれますようにという願いを込めて。No.1!」
『No.1』

『カミカゼロード』

J「京都でやるのは4回目?やけど、これからいっぱい来ようと思います。
週一でやります。
嘘じゃ!」

J「5/5で、子供の日やから呼ばれました。
来年、22歳になるのになぁ」←!
よ「大人になっても、子供の心を忘れんとこうって誓ったやんけ」

よ「ニートビーツの時、後ろまでノリノリやったやん。
俺らとも遊ぼうや」

J「税金の歌」
『マネーゲーム』
ラン坊さんのギターソロ中、JUNZφさんがマイクスタンドをギターに見立てて弾くフリ。

『No民』

J「京都にペコペコするのが大嫌いなヤツがいたら、もしいたらやで、
…次の曲間違えた」
ラ「そうやんな!そうやんな!」

J「6年間連れ添った彼女と、一週間前に別れた歌。
フラレた、いやフッた。グッバイ・チェリー!」
『グッバイ・チェリー』
佐久間さんが書いてた、二人の想い出焼き尽くせ~!は、この曲やったんやね。
ようやく聴けた。

よ「クレイジー」
J「JAPAN-狂撃-SPECIALの、一番クレイジーな部分を見せてしまった。
個人情報やで」

J氏が、何してけつかってくれとんねんって言ってたのは、この辺やったかな?

J「みなさんはアホですか?ロックバカやな」
前にいたお客さんの歓声が上がったので、
J「(よーかいさんに)この人、バカって言われて喜んでるで!めずらし!」

J「俺はアホですか?
コイツ(よーかいさん)はアホですか?
コイツが一番アホです!CRAZY HERO!」
『CRAZY HERO』

J「ロックってなんや?
よーわからん。
何でもアリなんがロックやろ」(この辺あやふや)

J「なめんな統一協会の教祖様を呼んでます」
よ「宗教やってるヤツはみんな悪い」

ペコペコするのが大嫌い!のコール・アンド・レスポンスから、
『なめんな音頭』

J「ド演歌です。
演歌を、パンクロックにしたっていいじゃない。
そんな法律ないやない」

よーかいさんが歌い出しのタイミングを掴めず、
ラ「俺が言おか?」
ラン坊さんのカウントから、
『命花~MIKOTO BANA~』

『朝日』で終了。

トリは、騒音寺。
ナベさんが、かー君のマスクをして出てきて笑った。

ナベさんの声も順調に回復してきて、三日目の今日が一番出てるらしい。
医者には歌ったらダメって言われてるそうですが。
声が出ない間すごく悩んだらしく、金本と同じ日に連続出場が止まって、いつまでこんな事できるかわからないし、ちゃんと働くべきかとか考えたけど、やっぱり戻ってくる場所はここだというMC。

ナベ「マイクだって高いんだよ。
一本14,000円ぐらいするんだから。
湿気とかですぐダメになっちゃう。
コーヘイの弦だって高いよね。
1本、いや1セットいくらだっけ?
よく替えるもんね」
ツアーで弦代がいくらかかってるか暗算しようとするが、時間がかかる。
ナベ「狂撃みたいだな」

騒祭三日目はガクッとIQが下がったって言ってて、今日の出演者の中では、ナベさんが京大出身で一番頭がいいそう。

ナベ「楽屋はヒドイもんだぜ。みんなに見せたいぐらい。
猿ばっかり。
ソファーが用意してあるのに、みんな立ち上がってうろうろしてて。
リーゼント、パンチパーマ、金髪、モヒカン、アゴの長いの…」

ナベ「初日の頭脳警察は、本を読んでて、何読んでるのかなと思ってのぞいたら、インドネシアの情勢みたいな、分厚い本。
今日は狂撃のソファーに座ってたんだけど、テーブルの上にこち亀が2冊。
レベルがわかるでしょ?
無能警察。
怒らないでね」

ナベ「これで1ヶ月生活しろって言われたら…、MONDOが真っ先にイジメられそう。
タバコ買ってこい!って」

ナベ「言っていいのかわからないけど、さっき狂撃が終わって、Vo.のJUNZφが血相変えて楽屋に飛び込んできて。
中学時代のスケバンが観に来てるって。
後で降りたらシバかれるかもって言ってた。
俺は関係ないもん。
そういう所は、ペコペコするんだな」

あほうな仲間は、ニートビーツと狂撃に捧げるとの事。

アンコールでは、Mr.PANを呼び、『乱調秋田音頭』。
Mr.PANが、よーかいさんのハチマキとかー君のマスクをして出てきました。似合いすぎやろ!
昔、暴走族みたいなんにいたって言ってました。

ナベ「写メールのチャンスです。
まだ時間かかるから大丈夫。
ギターより、バットの方がいいんじゃない?
狂撃の機材車からバット持って来て!」

曲の途中では、ナベさんが客席に降りてフロアをぐるっと回りながら歌ってて、お客さんは前から後ろまでみんな踊ってて盛り上がってます。
狂撃のメンバーも、フロアにいました。

Mr.PANがギターソロを弾くと、ナベさんが「もういっちょ!」と言って伸ばし、Mr.PANも「え~」ってなりながらもサラッと弾く。
その連続で、結果長い長い即興ギターソロを披露。すごいな!
客席のイスの上にのぼって、お客さんに絡みながら弾いてました。

ナベさんが、「来年もこのメンツでやりたいぐらい」って言ってました。

めっちゃ楽しかった!!
ヤバイな。
ここ1ヶ月は、撮ってばっかりでライヴを観に行ってなかったから、久しぶりにライヴを観れて、体を動かせて楽しかった。
元気をもらった。

あったかい空間でした。

次に狂撃を観れるのはいつやろ…。
a0067990_2144105.jpg

[PR]

  by space-junk | 2010-05-09 10:24 | JAPAN-狂撃-SPECIAL

3/28 狂喜!!鬼畜人間集会

2010.03.28
『狂喜!!鬼畜人間集会 特別編 Part3』
JAPAN-狂撃-SPECIAL@心斎橋KING COBRA

仕事帰りに、キンコブへ。
この日の舎弟日記でよーかいさんが写っていた場所を通り、到着。
階段に非威巣さんがいて、写メはここから撮ったんやろうなぁと思いつつ。
入口から、ラン坊さんが出てきました。
前もキンコブに着いたらラン坊さんが出てきたので、無限のdeja vuです。
受付で、流血のお菓子をもらった!うれしい。

DJ有りのイベントで、転換中に『聖闘士星矢』や『サクラ大戦』の曲が流れてて、めっちゃテンション上がった!
『檄!帝国華撃団』は、名曲すぎます。好きすぎる!
BOOWYも流れてましたね。

流血ブリザードは、名前は知ってたんやけど、観るのは初めて。
いろんな意味で、衝撃でした。

みんなに両手を挙げさせ、「流血コール!」
大変聞き覚えのあるコールが(笑)。
お客さんが「(ロティカの)パクリやん!」って言って、Vo.のユダさんが、「流血コールです!」って言ったのがおもしろかった。

ユダさんが、マイクスタンドを逆さに持って耕す。
No民やん!!

ユ「とても愛しい俺の為に歌います、I love me!」も笑った。

ギターの人は、髪が逆立っててメイクしてるし、声の高い男の人やと思ってたんやけど、途中で女の人だと気付く。(少し下がって観てたので、Tバックと網タイツが見えなかった)
あの人いいなぁ。
ちっちゃいTOSHIでした。

ナプキン投げたり、寸劇があったり、ブリーフ一枚になったり、全裸になったり、カオスでした。

次は、SEX-virgin killer-。
狂撃のアルバムについてるDVDに入ってるPVで、乱闘してる姿だけ見た事があります(画像3枚目)。
あのDVD、観返してみたんやけど、いいね。

あれはPV用の髪型かと思ってたら、あのまんまの頭で、すごかった。
演奏もメタルっぽい感じで、好きやなぁ。
ベースのお兄さんが、HISASHIみたいでカッコ良かったです。
後半で、火を噴いてました。
また観てみたい。

トリは、狂撃。
幕でセッティングの様子は見えないんやけど、幕に映るラン坊さんのシルエットがカッコ良かったです。
聴いた事ない曲を合わせていて、いいなぁ、新曲かなぁと思いつつ。

メンバー3人がステージにいる状態で幕が開き、カットバセ!のコールで、J登場。

J→ハチマキ、シルバーのチェーンネックレス、黒の首輪、赤のヒョウ柄テーラードジャケットに、ピストルズの黄色バッジ、なめちゃんT、ジャージ衣装の時の黒×赤ズボン、黒のシドベルト、ドクロのバックルで茶色地にピラミッドスタッズが2~3連付いたベルト、手ぬぐい、黒のブーツ。

ラ→右サイドを刈り上げた赤髪、安全ピンと銀色のバッジが付いた黒のライダース、右袖に腕章、グレーのジップパンツ、黒のブーツ。

よ→ハチマキ、マスク(!)、背中に狂撃のロゴが入った革ジャン、腹巻き、黒のズボン、黒のビーサン。
髪が短くなってました。

か→水色のシースルーカーディガン、黒のハイネックの長袖、黒のズボン、赤の靴下。

『カミカゼロード』からスタート。

『パンキー パンキー パンキー』

軽いメンバー紹介で、
『No.1』

J「No民や。
負け組の星、JAPAN-狂撃-SPECIALが歌います」
『No民』
最後のJUNZφさんが「おーおーおーおー」って叫ぶ所で、途中から「一揆!一揆!一揆!一揆!」の一揆コールに。

『マネーゲーム』
ラン坊さんが、ギターのヘッドを非威巣さんの股間へ(笑)。

J「みんなはアホですか?アホですか?
俺らはアホですか?
おーおー、アホはコイツ(よーかいさん)だけにしてくれ。
割り算はちょっとムズいけど。
○○(聞き取れず)はできる」

よ「うかうかしてて出てみたら、イベント名鬼畜人間集会やん!
1時に入って観てたけど、鬼畜ばっかりや」
しゃべってる途中で、JUNZφさんがよーかいさんの後頭部を手ぬぐいではたく。

J「俺ら、昼の1時に入ってるねん。
ここにずっとおるお前らもクレイジーや。
クレイジー!クレイジー!CRAZY HERO!」
『CRAZY HERO』
間奏中に下がったJUNZφさんが、よーかいさんとラン坊さんを交互に見て、くるくるパーのジェスチャー。

J「新曲ができてるんやけど、うっとい大人が、CD出さしてくれへん」
よ「そうやったん!?」
J「そうや。
次の曲は新曲で、オオカミって言うねんけど、反抗的やからまだあかんって。
じゃあ俺らは反抗して、ライヴでいっぱいやったろうと思います」
『オオカミ』
新曲聴けたー!
演奏は激しくて、サビは歌える曲で好きやなぁ。

歌詞は、
「オオカミになれ
俺ら野良犬よ(や?)
敵に噛み付け」
みたいな感じやったかな。

JUNZφさんの右手はガオ~っていう形で、途中でよーかいさんが遠吠え。
キャプの新曲ジャングル・ジャングルも、遠吠えするし、ガオ~のポーズの両手バージョン。
2010年、オオカミがキテますね。
好きなバンド同士、すごい偶然やな。
ホンマ、対バンしたらいいのに。

間奏中に、JUNZφさんがマイクスタンドを持って、ギターを弾くフリ。
カッコイイす!

かー君が叩く祭りのリズムの中、拳をあげる客席をJUNZφさんが手でまぁまぁという感じで制す。
J「今日は、ゲストを呼んでいます。
なめんな教教祖!」
みんなステージ後方を観る。

が、

よ「俺じゃ~!」
お前か~(笑)!
よ「俺がボーカルの、なめんな教教祖や。
宗教は、税金もかからんし、ええぞ」
J「入会金、600円」
よ「今日だけ300円」
J「後で誘われても、断れよ」
ぜひとも入信したいです。
JUNZφさん、MC中に時々声が枯れてた。

よ「ニュース見た?ニュース見たか?
ビックリしてん。
愛子さま、いじめられてるねんて。
今日は、愛子さまの為に歌ってもいいか?」

よ「嘘じゃ!
お前らの為に歌います!」
『なめんな音頭』
最初の「なめられたら なめかえせ」の所が、
よ「なめられたら どうすんの 合い言葉は」
J「なめんなよ!!」
になってました。

途中のコール・アンド・レスポンスで、よ→ラの後、
よ「めっちゃ気合い入れてやるわ。
ペコペコするのが(パワーダウンして)大嫌い…。
息が続かんかった。
息吸わして」
気を取り直して、
よ「ペコペコするのが大嫌い!」
J「今、会場が一つになりました」

『朝日』
かー君のドラム激しいけど、合間に客席見てるよね。

~アンコール~
よ「よーけ帰ったな」
おそらく1時間ぐらい押してて、この時点で23:20ぐらい。
そろそろ終電がヤバイ。
J「1曲やって帰ります」
よ「残ってるお前らの為にやるわ」

J「ド演歌歌っていいですか?」
『命花~MIKOTO BANA~』

余韻に浸る間もなく、バタバタと撤退。
そしたら、階段の所にSEX-vergin killer-のVo&Gt.のお兄さんとDr.のお兄さんがいました。
ちょっとだけ話しかけて、駅までダッシュ。

めっちゃ楽しかった~!!
狂撃、ホンマ好きやなぁ。カッコイイ!
来月は、関西のライヴがなさそうなのでさみしい。
a0067990_1305557.jpg

a0067990_1305598.jpg

a0067990_1305550.jpg

[PR]

  by space-junk | 2010-03-29 13:00 | JAPAN-狂撃-SPECIAL

クラッシュ

先日、代官山UNITで破壊専用ギターのイベントがあり、怒髪天や狂撃、神聖かまってちゃんなどが呼ばれていました。
ステージには金網とビニールシートがはられていて、各バンドに課せられたミッションは、
「ギターを破壊せよ」。

私は行ってないんですが、行った友達にロフトで聞いた話や人様の日記によると、
狂撃の時にラン坊さんが、ラストの『なめんな音頭』で「バラバラに分解したる」と宣言。
「おい、アレ持って来て」と言って、非威巣さんが持ってきたのは、ニッパー。

なんと、ニッパーで弦を切ったのみ!
最小限の壊し方で、大事にお持ち帰りしたそうです。
最高やな!
非威巣さんが舎弟日記に書いてた、「しかしうちのラン坊のパフォーマンスがいっちゃんイケてたな。
多分あれがロックやで。」
ホンマに。

ロフトで壊す為に取っておいたんかなと思いきや、そうでもなく。
おそらく、100組出てたとしても、そうしたのは狂撃だけやったやろうね。

ちなみに増子さんは、金網を切って居酒屋風に開け、「あいてる?」って言ったそうです。
最高やな!
後で怒られたらしい(笑)。

The アイシテルのグッズの、あやのこバッジ。
Tシャツはすぐ売り切れて買えなかったけど、バッジ買えた!
a0067990_15452539.jpg
[PR]

  by space-junk | 2010-03-01 15:49 | JAPAN-狂撃-SPECIAL

2/26 新クソッたれナイト@ロフト

2010/02/26
『八田ケンヂプロデュース 新クソッたれナイトvol.20』
JAPAN-狂撃-SPECIAL/綾小路 翔&The アイシテル/八田ケンヂ
@新宿Loft

開場後、狂撃ファンの集落に合流できて良かった。
ありがとうございます。

トップバッターは、狂撃。
途中の曲順自信ないです。

J→ハチマキ、シルバーのチェーンネックレス、ラフィンのバッジがついた黒×白のジャージの衣装、白のベルト、黒のシドベルト、黒のズボン、黒のブーツ。

よ→ハチマキ、背中にロゴが入った鋲ジャン、腹巻き、指ぬき手袋、黒のズボン、黒のビーサン。

ラ→向かって左の髪が前に見た時よりもさらに刈られてました、黒のライダース、グレーのジップパンツ、黒の鋲ベルト。

か→マスク、青のシースルーのカーディガン、赤のタートルネック、赤のズボン。

かー君にスポットが当たって、ドラムソロからカットバセ!コールへ。
J登場。
『カミカゼロード』

『No.1』

J「みんなビックリしてるかもしれんけど、俺たちアホです。
アホの天才やってます。
今日のロックのイベントに集まってる人は、クレイジーやと思います。
それが、ロックやパンクやろ。
クレイジー!クレイジー!クレイジー!CRAZY HERO!」
『CRAZY HERO』
ギターソロ後、「♪走れ」に入る前に、
よ「アホボケー!」

曲が終わって、
J「みなさんは、アホですか?ボケですか?
アホボケカスー、今日は全部言います。
俺ら、ハッキリ言ってカスやねん。
でも、強いし、負けへん。No民や」
『No民』
Aメロが始まるが、
J「ラララララララ…歌詞忘れた」
めずらし!

『マネーゲーム』

『VIVA!なめんなよ』

よーかいさんのMCから、「ペコペコするのが大嫌い!」のコール・アンド・レスポンス。
J「(ラン坊さんに)やるか?」
ラ「やっていいの?」
ラ「♪か~わいい女の子~が、好きよ」
客「♪か~わいい女の子~が、好きよ」
J「(よーかいさんに)やりたいやろ?」
よ「♪つ~よい男がだ~いすき」
客「♪つ~よい男がだ~いすき」
J「♪なめんなよーかい、おっとこー好き」
客「♪なめんなよーかい、おっとこー好き」
よーかいさんに、男好き疑惑が(笑)。
『なめんな音頭』

J「マジメな歌歌って帰ります」
よーかいさんとラン坊さんがサビを歌ってから、
『命花~MIKOTO BANA~』

これで終わりかと思いきや、まだあるみたい。
かー君が、燃え尽きてスネアにもたれかかってます。
J「ライジングサン!」
『朝日』

『パンキー パンキー パンキー』

朝日かパンキー×3で、よーかいさんが下手の台の所に乗ってました。

一番最後に退場したかー君。
かー君を呼ぶ声に、照れ笑い。かわいい。

狂撃、めちゃくちゃアツかったし、シブかった!
カッコ良かった~。
1バンド目にして、汗がハンパなく、額を流れて目に入るし、タオルもジーパンもベッタベタ!

次は、綾小路 翔&The アイシテル。
さらに押され、ギュウギュウで全く身動きが取れません。手も上げられない状態。
登場SEは、第九の歓喜の歌。
氣志團のライヴを観てみたいと思いながらなかなか観れなくて、ようやく観れた初ライヴが貴重なユニットとは。しかも、ファーストGIG。
翔やん近っ!

翔→ウールみたいな素材の赤のテーラードジャケット(向かって右の襟にバッジが3つついてて、1つにMELONって書いてありました)、卑猥な絵のTシャツ、黒のスカート付きボンパン、黒のラバソ。

ランマ→ジップがいっぱいついた白のジャケット、白のジップ付きパンツ、白のエンジニアブーツ。

西→黒の革ジャン、黒のレザーパンツ、黒のエンジニアブーツ。

松→赤のベレー帽を斜めに被る、ピンクの毛のモサモサしたジャケット、黄色の毛のモサモサしたパンツ、赤のゴツいスニーカー。

キーボード→青のチェックの上下。

ドラム→丸襟の白いシャツ。

翔やんのマイクが、スケルトンマイクでした。

翔「ケンヂさんに、ちょっと出てよって言われて、ちょっと出ますって言いました」

翔「クソッタレさんですか?クソッタレさんですか?
本当に、クソッタレさんですか?
だったら、アテントしてきて下さいね」

翔「街を歩いてたら、OZMAって言われました。
この格好で。
見ろよ!どこがOZMAだよ!」

客「練習したんかー」
翔「練習してないだろうって?
これは練習の賜物だろう!
2回やりました」
客「少な~い」
翔「パンクだから」

翔「ここは、ロフトプラスワンじゃねぇぞ。
なんで(お前らと)楽しくおしゃべりしてるんだ」

翔「メンバー紹介します。
ギター(ランマ)、ミヤザト・アイシテル!
ドラム、フクハラ・アイシテル!アイちゃんです。
キーボード、イイジマ・アイシテル!アイちゃんです。
ベース(松)、スギヤマ・アイシテル!アイちゃんです。
ギター(西)、ハルナ・アイシテル!アイちゃんです」
客「光ちゃんはー?」
翔「はぁ?光?光?
だからオマエはブスなんだよ!
関係ないもん。
誰のファンに嫌われてもいいもん。
光は物販のお手伝いをしています。
今すぐ、そっちに行って下さい」

翔「綾小路 翔&The(ジ)アイシテルです。
紅白狙います!
矢島もダメ、OZMAもダメ、氣志團もダメ。
危ない人は、排除しました。
氣志團は過去の話」
客「え~」
翔「その話は、また別の機会にさせて」

翔「ビール飲んでる?プリン体が気になる人はコーラで」

翔「マッチで~す」

翔「どうも、汗かき村からやってきた、汗かき小僧で~す」

翔「前の8人ぐらいしか盛り上がってないけど、大丈夫?
狂撃のファンも、ケンヂさんのファンもさ、ノリ方わからなくても、リズムに合わせて、腰をくねらせて、しゃにむに腰を振ればいいんだよ。
いい子いい子にしてたら、ク○ニしてあげる。
あ、新宿は猥談禁止ですか」

客「かわいい~」
翔「チ○チ○でかいぞ」
客「かわいい~」
翔「チ○チ○でかいぞ」

曲に乗せて、順にメンバーを呼んでいく。
翔「宮里藍!宮里藍!宮里藍から福原愛サー!

福原愛サー!福原愛サー!福原愛から飯島愛!

飯島愛!飯島愛!飯島愛から杉山愛オイ!

杉山愛オイ!杉山愛オイ!杉山愛からはるな愛!

はるな愛!はるな愛!はるな愛から言うよね~。言うよね~。
どうも、ユウ・ヨネです。よろしく」

もうすぐ終りですというMCで、え~という声が上がり、
翔「そう言われると、余計終わりたくなる。
腹八分目にしときな。
本当は六分目で、六回食べるのがいいらしい」

曲のタイトルは全くわからなかったんですが、
『好きさ 好きさ 好きさ 好きさ 好きさ』
『RADIO RADIO RADIO』
って言ってたような。
ロックでした。

曲と曲の間で、翔やんが「あー、あ、あ、マメマメ~♪」って発声練習してました。

翔やんMCめっちゃおもろいね。
楽しかった。
氣志團のGIGも、観てみたい。

トリのケンヂさんは観た事なかったから、ドリンク飲みながら一番後ろの段で観てたんですが、良さげな感じやったので、ドリンク一気して、ジリジリと前へ。
最後にセッションがあると聞いていたので。
途中の曲で、後ろの男の人が突っ込んできて、モッシュが始まったので続いて突撃してみる。特攻精神!
見して~やるのさ オイラのいの~ち!
気がつけば3列目、マイミクさんに合流(笑)。

ギターの人、観たことある…と思ってたら、やっぱりシズヲさんでした。
ツアー先の九州から、飛行機で来たそう。
でも、一人で乗った事ないからわからなくて、いろんな人に聞きまくったとの事。
ケ「売れっ子だね」
シ「売れっ子じゃないですよ」

ケンヂさんは、2日前から風邪をひいていて声が出てないって言ってたけど、全然気づかなかった。
ヤバイと思って、「行きつけ?かかりつけか。かかりつけの」病院に自転車で行ったら、途中で交通事故にあったそうです。
大事に至らなくて良かった。
それにしても、元気な45歳やね。

新クソッたれナイトは、2ヶ月に一回やるそうです。
ケ「毎回、翔を呼びます。嘘だけどね。
綾小路 翔&The アイシテルだっけ?
光もユッキも来てるし、氣志團じゃん」

ケ「俺らのライヴ来てくれる人は55歳ぐらいだけど」
ドラム「上すぎ!上すぎ!」
ケ「上すぎ?狂撃や氣志團のファンって、いくつぐらいなんだろうね?」
客「10代!」
ケ「気になって、JUNZφに聞いてみたの。
そしたら、そうでもないって」

本編終わって退場する時に、ケンヂさんとハイタッチ!

アンコールのラストは、セッション。
ケ「JAPAN狂撃、JAPAN狂撃から、JUNZφとよーかい!」
よ「俺らはJAPAN狂撃やない、JAPAN-狂撃-SPECIALや!」
ケ「悪かった」

J→えんじ色のジャージつなぎ、白のタートルネック、手にはモルツの缶ビール。

よ→革ジャン、赤のパーカー、手には瓶ビール。

翔やんとThe アイシテルのメンバーも出てくる。

よーかいさんが、飲みかけのビールを西園寺さんに渡し、西園寺さんが少し飲んで返す。
ほほえましい。

ケンヂさんが歌ってて、狂撃はフラフラ踊ってて、アイシテルのメンバー達はケンヂさんの後ろに縦一列に並び、千手観音からチューチュートレインへ!
JUNZφさんとよーかいさんも、それを見て笑ってました。
その後は、横一列になって踊ったり。

セッションが終わって、みんなはけた後、残った翔やんがマイクを持ってアナウンス。
翔「本日は、足元の悪い中、お越し下さいまして誠にありがとうございました。(なんたら)」

最後までやってくれますね!

今日はホンマに来て良かった。当たりでした。
どれもあまりに楽しくて、燃え尽きた。

終演後、狂撃物販では、JUNZφさんが座ってて、椅子の上に立ったよーかいさんが呼び込みをしてました。
「道迷った人はここおいで」
「押し売りせーへんから見てって」
「(写真を撮る人に)500円な」
「タオルが安いらしいで」
よーかいさんが隣のThe アイシテルのメンバーとも仲良くなってて、光さんも狂撃タオルを持ってて、ユッキさんが狂撃タオルを首にかけて狂撃物販の宣伝もしてて、一緒に写真撮ったりしてました。

非威巣さんの所にTシャツを買い足しに行ったら、よーかいさんに「あー!!」と指をさされ、手を出してきてくれたので握手。
JUNZφさんも手を出してきてくれたので握手。
そういや、狂撃とは握手してないなぁ。
インストアのサイン会の時にしたぐらい。

The アイシテルの物販には、ユッキさんと光さんがいました。
Tシャツが売り切れてたので、バッジをスタッフさんから買いました。チキンゆえに!
光さん達としゃべってみたかったけど、初心者なので行けず。

さ、今日も仕事の後はライヴ!
[PR]

  by space-junk | 2010-02-27 09:04 | JAPAN-狂撃-SPECIAL

2/13 狂撃・SA@ロケッツ

2010.02.13
JAPAN-狂撃-SPECIAL / LOWER CLASS BRATS(from USA) / SA@難波ROCKETS

バイト後、急いで難波へ。
間に合いますように!
カミカゼ・パーティーに行きたいね~ん!

神風~!特攻~!暴走~!ブッチギレ~!
我ラ神風日本人~ 特攻精神力~♪
心のBGMが流れています。

急いでいるというのに、またもや、なんば駅で迷子に。
で、出口がわからん…。
そもそも、ここ何階やろ…。
ああ、泣きそう!誰かー!

彷徨い迷い砂漠で出会ったインフォのチャン姉に聞いて、なんとか脱出。
競歩並みのスピードでひたすら高架沿いを歩いて、スタート時間直前に滑り込みセーフ!
神風よ、ありがとう!

マイミクさんを探してたら、肩をポンポンと叩かれたので誰かと思ったら、SAファンで狂撃ファンのお兄さんでした。再会!
狂撃ファンの知り合いは少ないので、うれしいです。
ロッカーに荷物を預けて、準備完了。
マイミクさんとも無事合流できました。
開演が少し押してて良かった。

この日は3マンで、狂撃はトップバッター。
ロケッツは初めて来たんやけど、ステージ高いな!

J→ハチマキ、シルバーのチェーンネックレス、日の丸漢字シャツ、白ベルト、黒のシドベルト、黒のズボン、黒のブーツ。
ラ→サイドの髪を少し刈ってる(?)、安全ピンのついた黒のライダース、左袖に腕章、グレーのズボン。
よ→ハチマキ、背中にロゴが入った革ジャン、首に黒い紐、左袖に腕章、指ぬき手袋。
か→マスク(デザインが変わってて、赤のラインではなく、向かって右下に黒のワンポイント。なめちゃん?)、黒の七分の上下、右袖に腕章、紫の靴下。
非→黒の薄手のカーディガン(?)、赤のインナー。

1.『No.1』

2.『パンキー パンキー パンキー』

3.『マネーゲーム』

J「アメリカのバンドとか、SA先輩とかおるけど、なめられんなよ」
よ「なめられんように、踊ってくれよ」

ラ「ペコペコするのが大嫌い!」
J「この人(ラン坊さん)ズレたな」
4.『なめんな音頭』

5.『カミカゼロード』

J「みんなアホそうな顔してるけど、コイツ(よーかいさん)が一番アホそうな顔してる」
よ「鏡見てアホな顔してきたか?」
J「クレイジー。クレイジーや」
よ「俺がみんなのクレイジーヒーローや」
6.『CRAZY HERO』
ギターソロ後、
J「ロックのファンとか、パンクのファンとか、ハードコアのファンとかおるやろうけど、俺らはアホな事を本気でやってます。
ハズないで。ハズない」

J「みんなゼニ払って来てるんやろ?
タダで入ってるヤツもおるんか。まぁええわ」

JUNZφさんが、ハチマキをギュッと締め直して、
7.『押忍』
この曲への気合を感じます。
途中でも、ハチマキを締め直してました。

J「アホみたいな歌ばっかり歌ってきたけど、真面目な歌、歌います。
演歌やけど、自分で歌ってて泣きそうやけど、(なんたら)。
命の花咲かせろよ!」
8.『命花~MIKOTO BANA~』
ラン坊さんからサビを歌い始め、よーかいさんも歌って始まる、新しいパターンでした。

楽しかった~。
青タンが、4つほどできました。
ラン坊さんがソロで前に出てきた時に、鋲ジャンのチャン兄が股間を触ってました(笑)。
ラン坊さんが顔を左右に振りながらソロを弾いたり、ギターのネックを最前の男の子の頭に乗せたり、よーかいさんが上手に来たり、下手のモニターに足をかけてよーかいさんとラン坊さんが並んで弾いたり、上手のモニターでJUNZφさんとラン坊さんが並んだりしてました。
かー君は、相変わらず黙々と、しかし激しくドラムを叩いてます。

ライヴの途中から、NAOKIさんが袖で観てました。

2番目のバンドは、アメリカのテキサスから来たそうで、どパンクでしたね。
激しかったです。
イカツイし、音デカイな!

最後は、レコ発のSA。
以前マイスペで試聴していいなと思って、CDも1枚買って、ずっとライヴを観てみたいと思っていて、ようやく!

TAISEIさん、衣装カッコエエなぁ!
黒地に赤の縁取りで軍服みたいな感じ、左袖にSAの腕章、首には赤のストール。ドストライクです。
NAOKIさん側で観てたんですが、NAOKIさんはよく客席を見てはって、ニコ~ってしたり、口パクで「カモン、カモン」って言ってて、愛想があるなぁ。

曲はあんまり知らないんやけど、2曲目が唯一持ってるCDの『GO BARMY KIDS』だったのでテンション上がった。
『DELIGHT』も聴けて良かった。
TAISEIさんが、16歳の時に作ったという曲もやってました。

アンプの上に置いてた赤いランプが回って、サイレンが鳴り、TAISEIさんが拡声器を使ったり、タンバリンを使う曲があったんやけど、タンバリンを首にかけてました。
タンバリンを首にかけるのは、マチャアキか、傷様か、TAISEIさんやな。

あと、TAISEIさんがライヴ中に髪をコームで直してました。
これもやっぱり、傷様を思い出しますね。

途中で赤い頭の人がNAOKIさん前に行ったと思ったら、ラン坊さんでした。大好きやな!
ギターは、NAOKIさんリスペクトのファイヤーバードやしね。
憧れてた人と、今では対バンで同じステージに何度も立ってて、すごいよなぁ。
ラン坊さんは、モッシュで流され、ドセンに行って、またもみくちゃになりながら下手に流れて行ってました。
しばらくしてまた上手に戻ってきたり、袖から観たりしてました。

TA「俺たち40過ぎて、ロックで人生台無しだー!」
40過ぎて、こんなパワフルなステージで、カッコイイと思う。

TAISEIさんとNAOKIさんが、肩を組んでピース。

TA「欲しいものは、全部手に入れろ!
気に入らないやつは、ブッ飛ばせ!
それが若さの特権だ」

ラン坊さんを見て、TA「大阪の狂撃、ありがとう」
NAOKIさんが、ラン坊さんにピース。
微笑ましい。

TA「俺のボロボロのブーツは、プライドという名のステージに、今もしっかり立ってるぜ」

TA「仙台は、大雪。名古屋は、大雨。
大阪は、いい天気じゃねぇか。
帰りにほろ酔い気分で、空を見上げてみろよ。
星が見えるかもよ。
そしたら、明日もがんばれるんじゃないか」

モッシュとダイブがすごいね!
女の子もステージ上がってたしね。
見よう見まねで拳をあげてたんですが、アツかった~!
音圧もすごいね。
めっちゃカッコ良かった。

SAは、アンコールも含めて1時間半ぐらいやってたんちゃうかな。
ステージが高いから、首が痛くなりました。
前よりも、ちょっと下がった方が観やすいね。

ライヴ後は、お兄さんが、服に「PUNKY PUNKY PUNKY」とか、狂撃関係の文字を入れてるのを見せてくれたんですが、いい感じやった。 既製品みたい。
最近来てないけど、直人もツナギに狂撃の刺繍を入れてるしね。
みんな、愛があるよね。
私も何か考えよっと。
前に作った、かー君仕様のマスクを持ってこないのか聞かれましたが、あれはマジックで塗っただけやから、体に良くないかほりがするので、実用的じゃないという(笑)。
きっと、赤のビニールテープを貼るのがいいんやろうなぁ。

さて、今日も仕事帰りにライヴです。
三宮だと焦らなくていいし、楽。
いざ、チキンジョージへ~。
[PR]

  by space-junk | 2010-02-14 03:00 | JAPAN-狂撃-SPECIAL

マネーゲーム

レッスンから帰って、くるうの『マネーゲーム』のコードを拾おうと思ったら、意外とシンプルで良かった。

[イントロ]
ソレミミーレミーレミ ソッラソッソッ
レッソソーラソ ミソミレミッミー
ミッレミーレミ ソッラソッソッ

A D E B A D E
E B A D E

[Aメロ]
E B A D E×2
E~
E B A D E×4

[Bメロ](イントロのフレーズも弾いてる)
E B
A D E
E B
A D E

[ギターソロ]
ミミーレミーソーラー シーレソファ♯ーレミー
ミミーレミーソーラー シシーラシーレーミー

ミーミレドミーミレドミレ ラーラソミラーラソミラソ
シーシラファ♯シーシラファ♯シラ ミミソミソミー

ミーミレドミーミレドミレ ラーラソミラーラソミラソ
シーシラファ♯シーシラファ♯シラ ミファ♯ソラーソファ♯ーミー

JUNZφさんが歌ってるメロディーラインを弾くのが楽しかったりします。

(作りモンさねから、せやな~まで)
ミミレミソミレ シシシレシー
ラララレーシレ ミソミレミソミレ
ミミレミソミレ シシシレシー
ララララレレシレ ミミーミー
ミレミー
[PR]

  by space-junk | 2010-02-11 00:00 | JAPAN-狂撃-SPECIAL

二・二六事件

「ガラガラ!番長、大変だ!!」

「どうした晋平、騒々しい…」

「2/26に、新宿ロフトで、とんでもないライヴがあるって! 」

「なに~!お前ら、準備はよいな?
これは戦争だ~!!」

暴走音楽結社×房総の狂犬。
パンキー×ヤンクロック。
前回観れなかっただけに、こんな組み合わせを見逃す手はないぜー!
迷ってるヒマはないので、ソッコーでチケットGET。
飛び出せ青春!
毎度ながら、自分の瞬発力とフットワークの軽さにあきれます。

ワルガキ天国ランドでOne Night Carnivalですから、全員チリッチリにされますね、間違いなく。
國道127號線とROUTE25で、白き稲妻とリアカーが暴走するON THE ROAD PARTY。
カミカゼ・パーティー・トゥナイトです。
Ah VIVA VIVA VIVAです。

リアカーで神風暴走ATTACKしたり、タケヤリ持って一揆したり、狂気のドリーム大パニック。
暴れちゃっても(大丈夫だぁ)
―全日本!―

新たな二・二六事件が起ころうとしています。

上から下までバリバリ決めたスタイルで突撃しなければ!

うぉ~~~~~ケイオス!!
[PR]

  by space-junk | 2010-01-30 09:09 | JAPAN-狂撃-SPECIAL