9/3 狂撃@京都

2010.09.03
『片山祭』初日
JAPAN-狂撃-SPECIAL/the NEATBEATS/片山ブレイカーズ&ザ★ロケンローパーティ
@京都磔磔

トップバッターは、片山ブレイカーズ。

片「ゆくゆくは、5月の3・4・5(騒祭の開催日)にやれるように、まずはここから始めようと思います」

片「バックドロップを作りました」
サイズを間違えて、騒音寺のより1mデカイらしく、後ろに貼れないので横のパイレーツの看板の上に貼ってるそう。
片「遠くから、パイレーツの看板観に来た人がいたら申し訳ないのでどけます。そういう人いる?」
いないので、
片「じゃあ、三日間このままにします!」

片「平日の今日に来たお前らは、選挙で言う野党支持や。
俺も学生時代は、音楽に関してはマイノリティやった。
今日来てくれた人達の為に、雨雫の唄をやります」

『雨雫の唄』

『キョート・トリッパー』

『ミラーボール』

などをやってました。
ギターソロ中に、片山さんが東さんのチョンマゲを掴んだのがおもしろかった。
久しぶりに観たけど、カッコ良かったなぁ。


二番手は、狂撃。
メンバー3人がステージに立った状態で、SE。
鳴り止んで、JUNZφさん登場。

J→ハチマキ、シルバーのチェーンネックレス、極なめ一家の刺繍が入った白の七分上下、左袖に腕章、白のスニーカー。

ラ→安全ピンのついた黒のライダース、左袖に腕章、鋲のリスバン、鋲のベルト、膝の破れたジーパン、黒の革靴。

よ→ハチマキ、耳の上に花火を2本さす、紐に爆竹を繋いだネックレス、つながった眉毛、革ジャン(肩が破れてました)、白のベルト、黒のズボン、黒のビーサン。

か→白の帽子(日本陸軍みたいな形で、白地に紺のラインと錨マークの付いたマリン帽)、髪が短くなってる、アーノルドパーマーの白のタートルネック、白のズボン、紫の靴下。

非→黒の帽子、ラインが入った紺の長袖、紺のズボン、赤地に黒い水玉のてんとう虫みたいな靴下←かわいい。

『オオカミ』

『パンキー パンキー パンキー』
よーかいさんが前に出てきてJUNZφさんのモニターに乗るが、ゴロッとモニターが落ちてしまい、よーかいさんも一瞬バランスを崩す。

『No民』

よ「中卒である!アホである!
社会人になっても、自分の信じた道を行ったらいい」

J「2ヶ月前に、フラれました」
よ「今日女の子ばっかりやぞ」
J「チャンス!」
よ「モテようぜ!」
J「チャ~ンス!もともとモテてるけどな。
(よーかいさんに)眉毛ができたし、モテるんちゃう?」
よ「シブイやろ~」
つながった眉毛を動かす(笑)。

J「OH!MY LADYパート1、パート2、グッバイ・チェリーの三部作、聴いて下さい」
『OH!MY LADY』

『愛・愛・愛 OH!MY レディ part2』

『グッバイ・チェリー』

よ「JAPAN-狂撃-SPECIALのクレイジーな部分、わかってくれた?」

J「かっ飛ばしまっせ。カキーンいきまっせ」
カットバセ!のコールから
『カミカゼロード』

『なめんな音頭』
途中で、
J「この後は、ニート先輩のロックンロールや」
よ「俺らのアホさにビビッてないで、楽しもうや」
ペコペコするのが大嫌いのコール&レスポンスで曲再開。

J「(お客さん達に)アホみたいな顔して」
よ「俺らだけがアホとちゃうで」
J「お前らもアホな顔してるで」
よ「どうせなら、アホのチャンピオンになろうや」
『CRAZY HERO』

J「JAPAN-狂撃-SPECIALは今何をやってるんやと巷で噂みたいですが、いろいろやってるけど俺らきかんぼうやから進まへん」
よ「言われた事をやらんでいい。好きなようにやったらいいんじゃ!」

J「レコード…、レコードって(笑)。
CD出します。いい曲ができてます」
客「出せるんか」
J「絶対出すからな!」
外国人客「いつ?」
J「えっ?えっと…、12月ぐらい。
電話して聞いて。問い合わせて」

J「新曲を用意してきました。バラードです。
ハンカチを用意して下さい」
よ「俺のハンカチないかな?」
足元を探した後、ハチマキの垂れてる部分で目を拭く。

『スカイライン』

で終了。
スカイラインは初めて聴いたんですが、良かった。
好きやなぁ。
楽しかった!


トリは、ニートビーツ。
数曲演奏した後、
G「バラードを3曲続けてお送りしました。スカイラインでしたー」
P「あれ、バラードちゃうやろ。よく言われるって言ってたけど。
ドラムめっちゃ速いやん」

G「(足元に)爆竹落ちすぎやし!」

P「よーかいは、俺の事ミスターゆうねん。
みんなミスターや!
さっきの眉毛は俺が描いてんけど、ミスター、これ書いて下さいよ~って」

P「セコムしてますか?」

P「片山とも狂撃とも仲良くさしてもらってるけど、バンドじゃないよね。
楽屋は学校みたい。
片山君はエリートで優等生で、アホが後ろの方に溜まってる。
よーかいが楽屋で何か作ってるから、楽器の修理か何かやってるんかなと思ったら、頭に付けてた花火作ってんねん。
さっき戻ってきて、ライヴ中火をつけんかったから、楽屋でつけてた。
意外と大丈夫~って」

P「かー君、髪型変わってて、ムショ帰りみたいになってる」

P「♪お腹がペコペコ大嫌い!」
L or G「ペコペコ違いや」

P「ツイッターの“なう”っていうのが嫌やねん。絶対使わへん。(←私も)
俺、オチがないと書かれへんから。
風呂入るなう。寝るなう。
どうでもいい!寝たらええやん!って」

P「じゃあ俺、寝てるなう」
L「器用やな!」

P「なうって使ったら、あっち側の人間になるで。
それやったら、初代仮面ライダーの藤岡弘みたいに、とうっ!って書こうと思って。
寝るとうっ!」

P「(MCで)傷付くのは、後ろの人だけめっちゃウケてる時。
玄人にだけわかる、みたいな」
L or G「笑いに来てる」
P「(今日来てるお客さんに)笑うんやったら声出して笑って。
(手を叩きながら)バーンード。バーンード。
今から一切しゃべりません。
バースデイみたいにやります」
フロント3人が客席に背を向け、アンプの方を見ながら音出しを始める。

P「受動態になってるよ。edや。
ingにせな。現在進行形。
もうすぐ、have beenになる。全て終わってしまった」

M「シャングリラでのすべらない話で、僕とコーヘー君、騒音寺のコーヘー君と前説をやります」
P「スベルズっていう名前で」
L or G「絶対すべるやん」
M「みなさん10分ぐらい遅れてきて下さい」

P「何が食べたい?」
(反応なし)
外国人客「○△□×」
P「(それが何かわからないので)リンゴトー、ハチミツガー、ワレテー、バーン」
ジェスチャー付きだったので、バーモントのCMがリアルに浮かんで来て笑った。
外国人客「○△□×」
P「パイフロッター?ムズカシイ。リンゴトー、ハチミツガー、ワレテー、ハンバーグ」
L or G「ハンバーグにはならんやろ。カレーや」

Mr.PANが弾き始めた直後、
P「モヤモヤ~。今モヤッとボール投げた。
音がこもってた」
気を取り直して、再開。

本編が終わって退場時、アンコールを求める手拍子に
P「一旦はけさせて。カッコつけさせて」

アンコールでは、Mr.PANがよーかいさんのハチマキ・革ジャン・爆竹のネックレスを身に付けて登場。
そして、ヤンキー座り。
G「似合いすぎや」

コールアンドレスポンスで、
P「片山ブレイカーズ&ザ」
客「ロケンローパーティ」
P「違う!★ロケンローパーティや。
さっきまでの時間は何やったん」
↑星について、本編のMCでツッコんでいたので。

退場時、Mr.PANはバイクに跨るジェスチャーをして、バイクに乗ったまま退場して行きました。

ニートビーツのMCは毎回すべり知らずで、笑いすぎて口が痛くなって疲れた。

最初から最後まで、楽しいイベントでした。
[PR]

  by space-junk | 2010-09-07 00:03 | JAPAN-狂撃-SPECIAL

<< 9/5 片山祭最終日 片山祭初日 >>