11/10 GLAY@大阪城ホール【ネタバレ】

2010.11.10
GLAY LIVE TOUR 2010-2011 ROCK AROUND THE WORLD
@大阪城ホール

今さらすぎてすみません。
みんなレポ書いてくれてるしもういいかなと思いつつ、自分の記録用に。

天気は快晴。
トランポを撮った後、吾郎さんと合流して物販へ。
ミニHISASHIがソッコー売り切れ、買えず。
しかし、TAKUROプロデュースTシャツ“10th ALBUM『GLAY』大ヒット記念スッペーTシャツ”が緊急発売されていたので、迷わずBUY。
だって、TERUだもの。
a0067990_22543351.jpg

a0067990_22545121.jpg

マクドで腹ごしらえして、いざ大阪城ホールへ。
ヒムロックからもお花が届いてました。

マイミクのよし坊さんと吾郎さんに挟まれ、下手側スタンドにあるBOX席最前列に着席。
めちゃくちゃ見やすい!
ステージセットは、空港のターミナルをイメージ。
横長のメインスクリーンが一つと、両サイドに一つずつ。
花道は、ステージサイド席の目の前まで伸びています。

開演までは、メンバーセレクトの曲が流れていて、サイドスクリーンにはアルバム『GLAY』のCMが流れたり、カウントダウンや日産でもやっていた、お客さんをスクリーンに映し、GLAYフレームにはめるプリクラタイムをやってました。

開場BGM~JIROセレクション

オープニングムービーのBGMは、ボレロ。
曲に合わせて手拍子で、メンバーの名前が出ると歓声。
暗転後、白いメインスクリーンをバックにポーズを決めたG4のシルエットが!!一際大きな歓声があがる。
カッコ良すぎて鳥肌。
メンバーがステージに降りて、一曲目スタート。

1.『シキナ』

2.『汚れなきSEASON』で特効。
TERUさん、下手花道に走りながら、「緊張してる~!」(←第一声)

3.『ビリビリクラッシュメン』

-MC-
TERUさんがおかしいって言ってたんやけど、なんと、イヤモニが聴こえてなかったらしい。交換。
それでも歌えてたもんなぁ。さすがタースー。

4.『WASTED TIME』

5.『More than Love』

6.『Cynical』

-MC-

TE「TAKUROが、ハタチの時に作った曲です」
7.『遥か・・・』
この曲めっちゃ好き。

8.『Precious』
途中からアルトサックスが聴こえてきたと思ったら、なんとSEIさん!
多才やな。
サックスソロからすぐキーボードに戻ります。早技。

9.『風にひとり』
レーザーの嵐!すご!
色数も増えてるし、ツアーの度に派手さがパワーアップしてるね。

10.『AMERICAN INNOVATION』
タクテル巻き舌対決。

11.『週末のBaby talk』
手は、両手でワイパー。
スクリーンに、パイロットの格好をしたG4の絵が動く。

“KING OF ROCK AROUND THE WORLD”と出て、
“Lesson 1 Fist up↑”リズムに合わせて腕を挙げる。×2

“KING OF ROCK AROUND THE WORLD”
“Lesson 2 Jump”リズムに合わせて、腕を挙げながらジャンプ×2
TE「ジャンプ、ジャンプ、ジャンプ、ジャンプ、ジャンプ、ジャンプ、ジャンプ、ジャンプ、ジャンプ、ジャンプ、ジャンプ、ジャンプ、しゃがんでジャーンプ!」

“KING OF POP”
「ハーッハッハッハ」という笑い声で曲がスリラーに変わり、G4の絵もマイケルの衣装に替わっている。
ゾンビ顔のG4の絵が、スリラーを踊ってます。だいぶおもろい。
合いの手はもちろん、みんなで「ポゥ!」。

“KING OF J-POP”
TERUさんの絵が、ウザ顔でアルバムジャケットのTERUポーズ(笑)。

曲に戻る。

-MC-

12.『都忘れ』
都忘れキター!聴けて良かった。

13.『時の雫』

14.『Satellite of love』
基本青い照明なんやけど、途中で真っ赤に変わる瞬間が鳥肌。

-MC-

15.『FAME IS DEAD』
映像で、メンバーがマイクスタンドやギターやベースで、ガラスの花瓶を割ったり、ギターをクラッシュする映像(ハイスピードカメラ)が映るんやけど、めっちゃカッコイイ。
なんか、ふとん叩き混ざってるし(笑)!
後半で、満面の笑みのHISASHIがギターでTAKUROの後頭部を思いっきりクラッシュするシーンがあって、めっちゃ笑った。
今度は逆再生。

16.『FATSOUNDS』
大体オマエ気にいらねー!(シャウト)

17.『彼女の“Modern...”』

18.『GREAT VACATION』

TE「○×△□~!!Chelsea!」
19.『Chelsea』
金テープ発射!
途中で今度は、■や★の形をした金・銀の紙が舞います。

[ENCORE]

1.『月の夜に』
♪雲の隙間を 流れ星ひとつ♪の所で、スクリーンに流れ星が流れる。

-MC-
初日という事で、メンバーが一人づつしゃべる事に。

まずはTOSHI。
TO「昨日のゲネプロから最高だった。そのゲネプロ以上の最高のライヴができた」
TOSHIが話し終えて、TE「長いよ!」

SEIさんは、「(Preciousで)TAKUROくんに、サックスできるよねって言われて、実際そんな上からじゃないんだけど、サックスを吹いてくれませんかってTAKURO君に頼まれて、最初は断った」そうなんですが、引き受けたSEIさんカッコイイ。
サックスは未経験なので、練習したそう。

J「大阪初日で絶対間違いないライヴになると思ったけど、間違いなかったね。
こんな広い会場で楽しい時間を過ごせて、俺って幸せ者だなと感じています」
J「TERUさんに質問です。Chelseaの前のMCは、何て言ったんですか?ガガガガーって(笑)」
TE「みんな聴こえたよね?」
同意を得られず。
TE「何て言ったかは、GLAY MOBILEで」

H「体調万全で行こうと思ったんですが、昨日の夜、NHKでアニソン特集をやってました。…見るよね。
Twitterも、SEIさんは“今日の一杯”、TERUは“会場入りましたー!”、…出遅れた。
なので今日は大人しくして、アンコールでもビールを飲まずに真面目にやっていこうと思いました。
そんな大阪のミラクル受け取りました。ありがとうございました」

TAKUROさんが渡辺陽一のモノマネで話し始めるも、反応が薄い。
TA「俺がすべったみたいじゃないか」

TA「今回のツアーを準備するのにあたって、メンバーから出てくるアイディアが楽しくて前向きで、それがすごく嬉しかった。
あと3ヶ月、怪我のないように春を迎えたいと思います」

TE「最高のステージにみんなを連れて行きたいと思うので、これからもGLAYに期待して欲しい。
俺達とみんなが作る景色は、最高に楽しくて幸せな空間だと思うので、これからも一緒に歩いて行きましょう」

2.『SHUTTER SPEEDSのテーマ』

TAKUROさんの動きに合わせて、無数のファイヤーボール!
3.『ACID HEAD』

-MC-

4.『BELOVED』
お客さんも一緒にフルコーラスで歌う。

本日はツアー初日という事で、手繋ぎジャンプ有り。
J「大阪ー!最高だったぜ!せーの!」
1・2・3でジャンプ。

最後は恒例の、
TE「行ってきます!」
客「行ってらっしゃい!」

で終了。
アルバム『GLAY』の曲が好きやから、いっぱい聴けて良かった。

めっちゃ良くて、楽しくて、熱くて、最高。
[PR]

  by space-junk | 2011-01-09 22:55 | GLAY

<< 11/11 GLAY@大阪城ホ... 20110105 誕生日 >>