pure soul MOVIE

昨日は、GLAYは広島でライヴか~、いいな~と思いながら、pure soul MOVIEを観てました。
ベストアルバムのBタイプの特典なんやけど、まだ観てなくて。

pure soul MOVIEは、98年のホールツアー、スタジアム、99年のドーム、北海道・沖縄公演までのGLAYのドキュメンタリーです。
メンバー20代。若っ!
当時、大阪厚生年金会館の試写会に行ったなぁ。
これめっちゃ好きで、ようやくDVD化されて良かったです。
観ながらニヤニヤしたり、笑ったり。
なかなか映像化されないもんだから、閉館前のArt Style行ってひたすら写真撮ってました。字幕がなくなってるね。

カッコ良くて、笑えて、泣けて、感動して。
このバンドに出逢えて良かったなーとつくづく。

ドーム公演でカノンが流れる中、HISASHIのギターソロがあるんやけど、ドームツアー初日が初めて観に行ったGLAYのライヴやったから、あの時受けた感動と興奮が蘇りました。

ギター(懐かしのフライングV)が光った!!
レーザーも出た!!

ってめっちゃビックリして、カッコイイなぁ、すごいなぁと思いました。
ドームやから爆音ですごいし、たくさんのお客さんの一体感とかも良かった。
席は忘れもしない、HISASHI側アリーナ74列目という、後ろから数えた方が早いめちゃくちゃ遠い席で、音は遅れてくるし、中学生で背が低かったからメンバーも肉眼ではほとんど見えなくて、スクリーンばっかり見てたんやけど、それでもめちゃくちゃ楽しかった。
ライヴってこんなすごいんや!と思った。
ノリ方がわからないからって、怖くてホールやスタジアムに行かなかったのを後悔しました。
早く行っときゃ良かった。

このライヴに行ってなかったら、私、ライヴ撮ろうって思わなかったやろうし。
中学生の時にファンになったから、自分の人生の半分近くはこのバンドの音楽と共にあって、いろんな面で、最も影響を受けたバンドです。

TERUさんが、ドームのバックステージで「10年後にこんなライヴできないよね」って言ってたけど、いやいや、今年の夏のスタジアムで15万人動員しますから!
長く愛されてるバンドよね。
まだまだ続けて行って欲しいです。
福岡ドームのTERUさんの涙とか、何と言っても東京ドームのTAKUROさんの涙は、何度観ても心打たれます。

その後、NEWS ZEROに出てたTERU&TAKUROコンビを観ました。
これはこれは、落ち着いた事(笑)。

TERUさんとキャンスパのコラボツナギ、予約した!

さぁ、明日はくるう@名古屋ギグに行って参ります。
あさっては、神戸です。
嗚呼、ライヴ三昧。
[PR]

  by space-junk | 2009-07-02 21:38 | GLAY

<< 狂撃@ハックフィン 6/29 GLAY@松山市民会館 >>